何故、動画配信サービスは普及したのか?

投稿者:

動画配信サービスの普及
現在、動画配信サービスは利用者をどんどん増やしています。それに反比例するように、レンタルビデオ店は閉店していっています。何故、利用者は動画配信サービスに移っていったのでしょうか。

それはiPhoneやスマートフォンといった、携帯型端末の普及と大きく関わってきます。

iPhoneやスマートフォンの普及により、テレビやパソコンを使わず、家の外でも手軽に動画を見られるようになりました。

また、以前よりも低い年齢層がネットに手軽に触れられるようになったことにより、ネットの利用者年齢層は下にも広がりを見せました。

また、その手軽さから、以前はネットに触れていなかった大人も簡単に触れることができるようになり、ネットの利用者は急増しました。それに伴い、動画配信サービスの利用者は増加していきました。

手軽になった、という点は非常に大きい要素です。何故かというと、以前からテレビやパソコンにおいては動画配信サービスは行われていましたが、手続きの複雑さや、自分のパソコンを持っている人が少なかったため、利用している人は少なかったからです。

動画配信サービスの多くは、月額制でアニメやドラマを見放題というサービスを行っています。これはレンタルビデオ店では行われていなかったサービスです。

レンタルビデオ店でDVDをレンタルした場合、「レンタルするために店舗に向かい、見終わったら返す」という行動が必要でしたが、動画配信サービスは手の中の端末だけで全てが解決できます。

しかも、大量に一気にDVDを見たい場合、一気に借りてしまうと置き場にも困りますが、動画配信サービスではレンタルビデオ店よりもかなり安い値段で見ることができ、また、携帯端末等で見れるため、置き場所に困るということもありません。

また、「借りた分を全て見きれなくて、泣く泣く返す」、ということもありません。ただ、見放題の場合でも配信終了のときは仕方がありませんが。

また、レンタルビデオ店でのレンタルにありがちである、「借りたい時に借りたいDVDがない」という事態が動画配信サービスでは起こりません。必ず借りることができます。

そして、見放題で嬉しいのは「勧められたから試しに見てみよう」が手軽にできることです。

レンタルビデオ店であれば、「店に行って、借りて、DVDプレイヤーで再生して、見終わったら店に返しに行って」という行動が必要ですが、見放題で配信されていた場合、手軽に見始めることができます。

もちろん、配信されていなければ見ることができませんが、レンタルビデオ店にもおいていない場合は多々あります。店舗の規模によっては過去の作品などをあまり置いていない店舗もありました。

ここまでは利用者からの視点で述べましたが、運営者の視点から見ても、この動画配信サービスには利点があります。

それは、人件費や店舗経営費などがかからない点です。動画配信サービスには、当然ですが店がありません。だからこそ、あの低価格でサービスを提供できているのだと思います。

動画配信サービスはどこでも利用できるからこそ、利用者も一気に増えました。動画配信サービスは色々な会社が提供しており、ドラマ配信に特化したサービスやアニメ配信に特化したサービスなど、特徴も様々です。

ぜひ、自分の好みに合った動画配信サービスを利用してみてください。

人気のVODは安い!